Sample Image

不動産賃貸の仕組みStructure

不動産賃貸とは、分りやすく言うと、他人の所有物であるアパートやマンションまたは一戸建てを
お金を払って貸してもらう事です。

貸し出されているアパート・マンションなどは、『賃貸物件』と呼ばれることが多いです。

はじめて物件探しをする場合、どのような仕組みで借りることが出来るのか、
または、お金の流れや必要な費用など、詳しくは知らない事だらけではないでしょうか?

物件を借りるとなると、家賃単位でさまざまな初期費用が加算されていきます。

ある程度の知識がないと、物件の賃料にもよりますが、
知らず知らずの内に数万円〜数十万円単位で損をしてしまうこともあるのです。

逆に、少しでも知識があれば無駄な費用を請求されることもなく、
お得に借りられるかもしれないのです。

ここでは、基本中の基本である『不動産賃貸の仕組み』についてご説明いたします。

不動産とは、『土地および定着物』つまり、土地とその土地に建っている家等を指します。

賃貸物件の場合、『大家さん』や『家主』と呼ばれる人が所有権をもっています。

そして、『仲介業者』『管理業者』が部屋を管理したり、
物件を探している人たちに紹介するのです。

『管理業者』というのは、物件を管理する業者です。
大家さんの業務を代行している会社というイメージです。

サービス形態は様々で、物件を保有する不動産会社が管理を兼ねていたり、
仲介業者を通さず契約することも可能です。

『仲介業者』というのは、複数の管理業者の物件情報を保有しており、
私たちが物件探しをする際に紹介してくれる業者です。

引越しには、『初期費用』と呼ばれる入居前の契約時に必要なお金があります。

内容としては、『初月分家賃・敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料』などがあり、
敷金・礼金・仲介手数料に関しては家賃の○ヶ月分という形で請求が掛かります。

この○ヶ月分というのは物件によって異なり、
大家さんや管理業者・仲介業者が決めた分支払う事となります。

最近は、礼金なし、や、仲介手数料なし、という物件もありますが、
貸す側・紹介する側にとっては得たいお金のため、数は多くありません。

意外な盲点

お部屋探しをするにあたって、まず足が向きやすいのが仲介業者です。

しかし、察しの良い方は前述の内容を読んで、『管理業者と契約すれば初期費用が削減できるのでは?』
と思われたのではないでしょうか。

仲介業者を通して物件を契約する場合は、仲介手数料と
管理会社への礼金が掛かります。

そのかわり、数多くの管理会社が保有する物件から探すことができます。

管理業者と直接契約する場合は、仲介業者への仲介手数料が省けます。

この場合、管理業者に礼金と仲介手数料を支払うのですが、
仲介手数料の分礼金が安くなることがあるのです。

このように、お金の流れを理解していれば初期費用を節約した選び方も出来るのです。

Copyright(c) 2013 Start of comfortable living All Rights Reserved.