Sample Image

ペットと暮らせる不動産pet

不動産賃貸サービスも年々多様化しており、需要の多いペット可物件も増えてきています。

アパートやマンションなども、日々新しい技術が生み出されています。

新しいものが生まれるに伴って、古いものも出てきます。

すると、年数が経つにつれて古いアパートやマンションに入居する人たちは減っていきます。

貸主は、出来るだけ少ない費用で物件を有効活用するために、
リフォームできれいにして入居者を集めるなどの努力をしています。

現在ペット可物件が増えているのも、『ペットと暮らしたい』という借りる側の希望と、
『入居者を集めたい』という不動産所有者の利害関係が一致したからかもしれません。

とは言え、まだまだペット可物件の割合は少なく、
自分のこだわりに合ったペット可物件を見つけるのは難しいことでもあります。

また、もともとある物件をペット可に変更した物件と、
ペット可を前提として作った物件には違いがあります。

もともとあった物件の条件をペット可にした場合は、
特に部屋をペットと暮らしやすいようにしているわけではないものがあります。

ペット可として作られた物件の場合は、ペット専用扉がついていたり、
外にペットの足洗い専用水道がついていたり、トイレをおくスペースが確保されていたりと
まさにペットと暮らすための構造になっています。

ペット可と言っても、小型犬一頭のみという条件が付いていることも多いです。

犬はOKだけれど猫はNGということもあります。

ペット可物件に強い業者?

ペット可物件でも、ただのペット可のお部屋以外に『ペット共生型』というタイプもあるようです。

ペットに対する様々な配慮がされた作りになっているので、
賃料は高くなりがちですがストレスなく暮らせそうです。

ペット可物件の探し方は、仲介業者や街の不動産屋さんに行って聞いて探すのも良いでしょう。

大手仲介業者のホームページでは、ペット可に絞り込んで検索が出来るようにもなっています。

他には、ペットと暮らすマンション・アパート情報だけに絞ったものもあります。

飼い主もペットものびのびとストレスなく暮らせるように、
ペット不可のお部屋でこっそり飼う事だけはやめましょう。

犬や猫の習性上、壁紙が傷つくこともありますが、
一般的にペット可の場合、普通よりも多く敷金を払いますので
退去の際に修繕費として敷金から差し引かれることが多いです。

においなどもクリーニング費用に追加して請求されることがありますので、
愛犬や愛猫は適度に清潔にしてあげましょう。

Copyright(c) 2013 Start of comfortable living All Rights Reserved.