Sample Image

不動産の間取りをチェックFloor plan

賃貸不動産において、部屋の印象を決定づける要素のひとつに【間取り】があるでしょう。
当然のことながら、このポイントは非常に重要であり生活のスタイルにも直結します。

間取りによって生活の動線が決まってくるので家具の配置などの機能的な側面から見ても大切ですし、
価格的な面からみても、一部屋で十分なのに1DKにしてしまえば余計な出費になりかねません。

それ故に、世帯の人数や生活のスタイルなどの様々な要因から総合的に判断して、
自分に合った間取りを選ぶ必要があるのです。

部屋のレイアウトなどの意味から考えても間取りは重要な意味を持っています。
部屋が決また後からでは、自分が本当にやりたいと思うようなレイアウトに出来ないかもしれません。
ドアの大きさや窓の場所などを考えながら部屋探しをしてみましょう。

間取りの決め方

間取りを決めるのに最大のポイントとなるのが部屋の使い道です。
広い部屋を借りてしまえば、その分の家賃はしっかりと取られてしまいます。
さらに、使わない箇所も出てきて掃除などが行き届かなくなってしまったりもするかもしれません。

必要最低限の広さしかなければ、何かと不便になってしまうこともあります。
逆に狭いくらいの方が丁度よくて落ちつくという人もいるでしょう。

また、椅子に座るのか床に座るかというのもポイントになります。
それぞれに空間の使い方が変わるため、的確な間取りが異なるでしょう。

もちろん一部屋一部屋が狭くても、部屋数が必要という場合も考えられます。
○Kや○LDKなどという間取りを示す言葉には専有面積や畳数は全く関係ありません。
不動産会社やインターネットの検索結果では、その点に注意してみてください。
1DKなのに一部屋6畳ずつということもザラにあります。

畳数と専有面積、さらに○LDKのような間取りを意味する表示を活用しながら、
上からみた図面、レイアウト図をしっかりと確認しましょう。

マンション・アパート

ひとくちに賃貸といっても、マンションやアパートなど様々な建物の種類があります。
一般的には上記の二種類がポピュラーですが、戸建てをそのまま借りたりする事も可能です。
テラスハウスなども近年では人気のタイプであり、戸建ての様な気分を味わえるので人気です。

分かりにくいのはマンションとアパートの違いではないでしょうか?
ここでは、その違いを簡単にまとめました。

まず、マンションは概して三階建て以上の階数がある建物を指すことが多いようです。
鉄骨造やRC造などが主流の建築方式でしょう。
これに対して、アパートは木造や軽量鉄骨などを用いたものが多いでしょう。
ハイツやコーポなどと称しているものが多いのも特徴です。

Copyright(c) 2013 Start of comfortable living All Rights Reserved.