Sample Image

引越しをスムーズにMoving

賃貸住宅で部屋を借りるということになれば、当然のことながら引っ越しが必要です。
これには何かと費用も手間も時間もかかってしまうものです。
それゆえに、しっかりとコツ・ポイントをおさえておかないと二度手間になったり、
効率が悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

自分自身でしっかりと計画をたてて自分にあった引っ越しプランをたてましょう。

そのためには、まず段取りを整理しなければいけません。
それに加えて転居日などの日取りをスケジュールで確認していきましょう。

最終的に重視するのは何かという点でも選ぶべき選択肢は大きくかわってきます。
例えば、とにかく費用をおさえたいということであれば、
トラックをレンタルして、自分で作業を行うというのがベストでしょう。

もしも費用はかかってもいいからとにかく簡単に済ませたいという場合は、
引っ越し業者に頼んでおけば、梱包から荷解きまですべて任せてしまうことも可能です。

引っ越し方法いろいろ

引っ越しの作業は大きくわけて二つに区別することが出来ます。
それが引っ越し前の現在の住居での作業と新居での作業です。
当然のことながら、引っ越し前の現在の住まいでは荷造りを行うことになります。

何から何まで全てを段ボールに梱包していくことになるのですが、
ここでコツ・ポイントがいくつか挙げられます。

まず、荷物は部屋ごとにまとめるようにしましょう。
引っ越し先での荷解きを考えて、トラックなどに運び出す際にも順序よく並べることができます。
番号などをつけておいたり、中身を簡単に段ボールに書いておくと便利です。

また、マンガや本などを運び出す際にはヒモで縛らないようにしてください。
いくらしっかりとまとめたつもりでも、引っ越し最中に万が一ほどけてしまったりばらけてしまったら
時間と労力の大きなロスになってしまうからです。

大きな段ボールも重量が重くなりすぎてしまって運び出しが危険です。
比較的小さ目の段ボールに小分けにするのがもっとも効率的だといえるでしょう。

荷解きでもコツがあります。
それは引っ越してから直ぐに片づけてしまうことです。
これは当たり前のことですが、時間がたつと段ボールの中身がわからなくなってしまいます。

そのポイントだけ忘れずに、ひたすら収納していきましょう。
荷解きはついつい集中力が途切れてしまいがちになる作業ですが頑張りましょう。
とにかくドンドン片づけてしまいましょう。

以上の点に十分に気をつけながら、引っ越しをスムーズに終わらせましょう。
計画性をもっておくのが最も理想的です。

Copyright(c) 2013 Start of comfortable living All Rights Reserved.