Sample Image

不動産を借りてから返すまでDeparture

新たに何処かへ引っ越していくという事は、今まで住んでいた家を出るということになります。
期間が長いにしろ、短いにしろ今迄お世話になった部屋に対して、
感謝や寂しさ、場合によっては晴れ晴れしさなどの何かしらの感情が生まれるでしょう。

そして明るく希望にみちた期待を胸に新しい住居へと引っ越す・・・
というのがある意味では引っ越しに際しての一般的な感覚かもしれません。

そして、不動産屋さんを駆け回って決めた新しい部屋に入居するわけですが、
ここでも、また数年の時を経れば転居するという事になるかもしれません。
そのサイクルが賃貸住宅の面白さの一つと捉える人も少なくはないでしょう。

このサイクルがあるからこそ、借りてから返すまでの期間を大切に過ごしたいものです。

退去費用と注意点

退去に際しては退去費用がかかることがあります。
引っ越してきたばかりの頃はついていなかった傷や汚れをはじめとして、
大きなダメージを与えてしまったりした場合は修繕費用という名目で敷金から充当されてしまいます。

壁やドアなどをはじめ、洗面台などを適当に使っていると、
日々のダメージが数年の間に顕著に出てしまうこともあります。

敷金・礼金がゼロなどの初期費用を安く抑えるキャンペーンを利用して入居した場合は、
退去する際に実費で修繕費を支払わなければいけません。

敷金を預け入れていない場合は、特に気を付けておく必要がありそうです。

何よりも、部屋は大事に使うのが一番でしょう。
綺麗に使っておけば退去の時に敷金がまるまる返ってくることもあります。
お世話になる部屋への感謝も込めて、しっかりと意識することが大切です。

特にタバコを吸っている人は注意が必要かもしれません。
賃貸住宅において、特に気にすることなく部屋でタバコを吸ってしまうと、
退出する頃には部屋中がヤニだらけになってしまうといことも珍しくありません。

結局、天井まで含めて壁紙を全て張り替えという話もしばしば耳にします。
こうなると、部屋数や広さにもよりますが莫大なお金がかかってしまいます。
十分に注意するようにしましょう。

入居時には日割り分の家賃や火災保険料をはじめとして仲介手数料、敷金、礼金などを払います。
これだけを転居費用だと思わない様に注意しましょう。
退去時に費用に他にも、思わぬ出費が相次ぐのが転居のこわいところなのです。

特に、転居先での生活費は見落としがちです。
光熱費のことまでは気が回っていても日常の生活用品などのことまで予想できる人は多くありません。
家具の購入はもちろんですが、新しく衣装ケースやカラーボックスが必要になるのは、
予想しえない事態とも考えられます。
そういった余分な予算まで念のため、別途用意しておくと、もしもの時に便利です。

Copyright(c) 2013 Start of comfortable living All Rights Reserved.